顔汗は遺伝でしょうか。

顔汗は遺伝でしょうか。

顔汗は遺伝する

 

顔汗が酷い顔面多汗症の原因は、はっきりと解かりませんが、生まれつきによるものと考えられています。

 

自分が顔面多汗症の場合、子どもに遺伝するのでしょうか。多汗症と遺伝の関係について知っておきましょう。

 

顔汗の原因、顔面多汗症について

 

異常に汗をかく病気を「多汗症」と言います。「原発性多汗症」は生まれつきの体質によるもので、「続発性多汗症」は甲状腺機能亢進症、糖尿病、更年期障害、自律神経失調症と言った病気により引き起こされます。

 

発症する範囲により「全身性多汗症」と「局所性多汗症」に分かれます。

 

全身性多汗症は、全身から多量の汗が出る病気です。局所性多汗症は、顔、手のひら、足の裏、ワキの下など、体の特定の部分に多量の汗をかく病気で、顔汗が酷く出る顔面多汗症もこれに含まれます。

 

一般的に、局所性多汗症は、生まれつきによる原発性多汗症が多い様です。原発性多汗症の原因は不明ですが、1つの要因には交感神経が人よりも反応しやすいと考えられます。

 

交感神経とは、体をコントロールしている自律神経の1つで、活動的な時、緊張、興奮、ストレスが強い時に作用し、心拍数上昇、血圧を高くする、新陳代謝を活発にする、汗の分泌を促すなど、臓器、組織の活動を促進させます。

 

顔面多汗症は遺伝?

 

海外の研究では、原発性局所多汗症の患者さんの60〜65%に、家族内に同じ症状の人がいたという報告があり、日本でも、佐賀大学の研究チームが手のひらの多汗症患者のDNA解析をしたところ、原因と推定できる遺伝子があると言う報告がありましたので、顔汗に悩む顔面多汗症も遺伝の可能性があると思われます。

 

とは言え、多汗症は不明な部分が多く、遺伝の確率もわかっていません。1つ言えることは、100%の確率で遺伝することはないので、子どもが必ず多汗症になるとは限らないのです。

 

多汗症は、体質と同様、精神性発汗も大きく影響します。精神性発汗とは、緊張、動揺時に交感神経が刺激される事で分泌する、「冷や汗」のことです。

 

多汗症の人は汗を気にしやすいので、早く汗をとめようと焦り、反対に汗を増やしてしまうので、汗を抑えるには汗のことを気にせずリラックスする事が大切です。

 

子供の多汗症の治療

顔汗は遺伝する

子供が多汗症ではないかと思ったら、まず小児科や皮膚科などの専門医に相談しましょう。子供の大量の汗は、甲状腺の病気などが考えられます。病気の診断、多汗の治療が必要な場合は治療をしてくれます。

 

多汗症の治療方法として、手術があります。難しい手術ではなく、保険も適応され経済的な負担も少ないですが、顔汗の対策ができても、他の部位が多汗になるといった後遺症が起こります。

 

顔汗で悩んでいた以上の汗が他の部位に出るために、今までと同じ生活を送る事が難しくなります。将来のライフスタイルに影響するので、お子さんが自分で判断できる年齢になるまで待ちましょう。

 

あくまでも手術は最終手段なので、他の対策方法を考えてあげましょう。

 

子供の多汗症の対策

顔汗は遺伝する

子供は多汗症でなくても、遊びに夢中で髪の毛がベタベタになるほど汗をかいたりという事はよくあることです。親が多汗症だと、遺伝するかもと不安な気持ちもあるでしょうが、子供はみんな汗かきです。

 

子供の場合、汗をたくさんかくのが普通ですが、気になるなら病院で相談してみましょう。日常生活に支障をきたさない限り、病院に行っても様子見という方針が一般的です。

 

汗をかいたら着替えをさせ、水分補給をしてあげることです。子供でも使える制汗剤もありますので無添加でなるべく日本製のものを選びましょう。子供の場合は、大人よりも肌が薄く弱いので慎重に制汗剤を選ぶ必要があります。

 

顔汗抑える

 

鼻の下の汗に悩んでる人の参考になるサイト⇒ こちら。