鼻の下 汗

鼻の下の汗が物凄くて化粧がひどく崩れるので悩んでいたけど、今はすっかり良くなりました

最近まで鼻の下の汗に悩んでいました。

 

鼻の下の汗が上唇にたまり、口周りのメイク直しを日に何度かするのがストレスになっていました。

 

制汗シートで汗を拭き取っていると、鼻の下に炎症が起きたりしてツラかったです。

 

「鼻の下に出る汗を何とか止めないと!」

 

と頑張っているうちに制汗シートを使いすぎ、鼻の下に炎症が起きて真っ赤にただれたりしました。

 

 

この赤い鼻の下がみっともなくて化粧で隠そうとしても、やはり汗で化粧が流れてしまい隠しきれなかったんです。

 

それでなくても気になってたのに、

 

「どうしたの?鼻の下が赤いよ」

 

と営業先で聞かれることもあって、どこかに隠れたいほど恥ずかしかったです。

 

 

「一体どうしたら鼻の下の汗を抑えられるの?」

 

 

と、毎日1時間ネットで調べてみたり、図書館で汗の本を5冊ほど借りて読んでみたんです。

 

鼻に使える汗を抑えるグッズも大体は試しました。

 

 

そうこうしている内に、「鼻の下の汗を抑える」方法を見つけることができました!!

 

 

これでもうあの赤い鼻の下や汗で化粧が崩れることもなくなったので、小躍りしたいほど嬉しいです。

 

 

これまで私が行ってきた、鼻の下の汗の対策について紹介します。

 

 

鼻の下に汗をかく原因

 

制汗剤サラフェ

 

鼻の下に汗に困っる時、原因がわかることで解決ができるので、まず原因について伝えます。

 

 

汗には高い体温を下げる役割があります。全身で汗をかいて体温調整をすることが、健康な汗をかく機能です。

 

鼻の下に大量の汗をかく原因を知ることで、これまでの悩みを解消する対策ができるのです。

 

鼻の下に汗には3つの原因があります。

 

体温を調節するため
精神的に緊張
女性ホルモンの減少

 

鼻の下に汗をかくのはこの3つが原因になっていて、顔や鼻の下に汗が集中するんです。

 

それにはもっと根本的な共通した問題があるんです。それが「汗をかく機能の低下」です。

 

 

鼻の下の汗はなぜ止まらないの?

 

汗をかく機能が低下すると、熱を発散できず体に熱がこもりって体温の調節がうまくできません。

 

そのまま体温が上がってしまうと体に大きな負担がかかるため、脳のコントロールで体の代謝を低下させます。

 

そうなると、血液の流れも遅くなって体温も下がって手足はひどく冷えるようになるんです。

 

そんなときに、少しでも気温が上がると低い体温が上がり、体に熱がこもりがちになることが、「鼻の下」に汗をかく原因なんです。

 

 

汗がたくさん出るのはなぜか?

 

汗をかく機能が低下している状態で出る汗は、サラサラではなくドロドロのため蒸発しにくく体温を下げにくいからです。

 

たくさんの汗を出して体温を下げようとして、鼻の下に汗をかいていたんです。

 

 

汗をかく機能を高める対策

 

鼻の下の汗を止めるためには、汗をかく機能を高める必要があります。

 

汗をかくと対策として、激しい運動をやってはいけません。

 

 

汗をかきにくい状態で激しい運動をすると、サラサラではなく、ミネラルや老廃物を含んだドロドロの汗が出て、健康上問題となるからです。

 

段階的な対策が必要なのです。

 

1.手足の汗腺を開く

 

足湯と手湯を10分間行います。温度は40℃くらいで熱くないお湯を使います。これで特に汗をかきにくい手足の汗腺を開いていきます。

 

 

 

2.お湯に浸かって汗をかく機能を高める

 

入浴で体を温める

次の段階として、40度程度の熱くないお湯に20分以上浸かって体を温めます。

 

20分も!と驚かれるでしょうが、汗腺が汗をかくまで体温を上げるのに、時間がかかる状態だからです。

 

これを続けると、体温がスムースに上がるようになり汗をかきやすくなります。1週間もするとかなり汗腺が開くので、顔汗も減ってきているでしょう。

 

 

3.軽い運動としてのウォーキング

 

3番目の対策として20分の軽いウォーキングで汗をかくことで、積極的に全身で汗をかく対策になります。

 

これまでのお湯での対策で、汗をかきやすくはなってきているので、ウォーキングは効果的です。

 

時間の取れる時に気長に取り組めば良いのです。

 

これまでの対策で体質を変えることができます。これが根本的な解決になるんです。

 

こうしている内に、全身の汗をかく機能が正常になって、これまでの悩みは消えてしまうのです。

 

 

 

でもそうなるには、ある程度の時間がかかります。それでも毎日この対策を続けることはモチベーションが続かないかもしれません。

 

そういう時は、とりあえず汗を止めることがとても役に立つます。

 

 

デリケートな顔に使える顔専用の制汗剤を使ってみることで、

 

モチベーションを保ちながら体質を変えることができるんです。

 

 

 

汗腺に栓をしない制汗剤

 

顔汗の制汗剤

ワキに使う制汗剤は、殆どが汗腺に栓をしてるものです。その制汗剤は、汗が集中すれば栓が外れ汗が吹き出てしまいます。

 

鼻の下に汗が集中するときにその栓が外れると、汗が一度に吹き出ることになるんです。想像するだけで嫌ですし絶対避けたいことですよね。

 

 

日本にある顔専用の制汗剤はサラフェです。汗腺に栓をせずに汗の量をコントロールできるので汗が吹き出すことはないんです。。

 

 

ただひとつためらったのが価格でした。お値段が高いので少し迷ってしまいました。

 

でも最後は60日間の全額返金保証が背中を押してくれたんです。

 

 

顔汗の制汗ジェルを使ってみて

 

顔汗専用制汗ジェルサラフェ

サラフェは小豆大ぐらいを口の周囲と額に塗ります。化粧下地として使えるので、朝の忙しい時間にストレスなく使えるのは良いなと思いました。

 

サラフェを使って顔汗の出方が変わってきました。3〜4日も経つと鼻汗が殆ど止まってしまったんです。

 

即効と言っても良いほどの効果には驚きました。誰にでも効果があるとは言い切れませんが、今では鼻の下の汗は気にならないほどになったんです。

 

「最近笑顔が多くなったね。良いことがあったの?」と友人から言われるようになりました。

 

勤務先でも「オッ。笑顔だね。」とか言われます。

 

サラフェを使って本当に良かったです。

 

 

 

>>私の鼻の下の汗を止めた制汗剤の詳細

 

 

更新履歴